スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
上司に伝える
退職のことを上司に伝えるとき、かなりドキドキします。

今回は、メールで話し合いの機会をいただけないかと連絡しました。忙しい上司なので後回しになるとマズイので、退職のこともサラリと書きました。

副部長にまずは伝えたのですが、人事関係の面接はなぜか課長ではなく、副部長だったので、話が通ると思い、まずは副部長に連絡しました。副部長は、信頼していたし、人事面接でもお局様のことは伝えていたという経緯もあったからです。

副部長の呼び出しはかなり巧みです。何回か呼ばれて、席を外しましたが、お局様には気づかれない絶妙なタイミングでした。しかも、絶妙なタイミングでお局様も席を外す・・・これは何かついているのではないかと思うくらいのタイミングでありました。

そんなわけで、内定の翌日に副部長に伝えたのですが、ドキドキ&信頼もしてくれていた上司の一人だったので、言うのがつらかったです。

いちおう組織なので、退職なんていう出来事をすぐに了承されるわけがなく、1週間くらいかかりました。一方で内定先からは、内定2日後には、連絡が来て「退職は了承されたか??」と異常につっつかれました。

組織なので、いろいろ話が回るには時間がかかるのにな・・・と思いつつ、内定先には「了承された」と連絡しました。う〜ん、次の会社は「あ・・そうですか」と了承しちゃうの!?大概、ドラマのように「一旦預かる・・・」ということになりませんか??もっと、私を信頼していただいてよいです!

副部長の後、人事部面接。いろいろ言われましたが、「後任者のケアを怠らないでください!」という申し送りをメインに、私は、そこを強調しました。「職場環境を変えるのが難しいならば、話を聞いて理解を示して共感してくれるだけでも、こちらとしては心がラクになるんです。お仕事はどんな感じですか??と着任後2〜3週間後に必ず呼び出して聞いてくださいね!!」なんて、言ってみました。

その後、やはり課長に言ったほうがいい、ということになり、今までのことは何もなかったかのように、課長にも同様にお話しました。こちらも温和な課長だけに言うのはつらかったし、課長も退職にあたっては、がっかり&ショックを受けたと言っていました。

退職の申し出には、ドラマがつきものですね。。。
退職日記 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
Kaela★Blog
Yahoo!
search